コレステロールと中性脂肪の関係

私たちの体の中には、脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン酸と4種類の脂肪があり、脂肪酸はすぐに活動する際に使うエネルギーにされ、中性脂肪はおなかの中の貯金のように蓄えられるもの、そしてコレステロールは細胞やホルモンに役立てられるものなのだそうです。リンも細胞関連に使われる脂肪。

コレステロールと中性脂肪の関係としては、二つとも血の中に含まれる脂質で、コレステロールは細胞膜を構成し、ホルモンや胆汁酸などの原料にもなり、中性脂肪は脂肪としてエネルギーを蓄えたり、脂肪として体を覆って体温を保ったり、衝撃から体を守る役割を担っているんです。

普通は、コレステロールと中性脂肪は一定の量に保たれるように調整されているのが、脂質の多い食事などを摂取して調整できないと血中脂質が基準値を上回り、脂質異常症と判断されるのです。

とはいっても、脂質異常症 には高LDLコレステロール血症といって、悪玉コレステロールのLDL-コレステロールが多いタイプと、低HDLコレステロール血症という善玉コレステロールのHDL-コレステロールが少ないタイプ、高中性脂肪血症で中性脂肪が多いタイプと別れるそうです。ちなみに、善玉(HDL)コレステロールは、肝臓にたまったコレステロールを体全体に運んだり、余分なコレステロールを体から回収して、肝臓へ戻す働きをしているそう。悪玉(LDL)コレステロールは、増えすぎると血管にへばりついて動脈硬化を進める原因になるそう。

脂質異常症ってなに?

動脈硬化の危険因子とされている、脂質異常症。「ああ、脂っこい物食べ過ぎってことね」なんて言われるかもしれませんが、実は動脈硬化を引き起こし、狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳こうそくの原因になりえるんですよ。そのため、脂質異常症はそのまま放置しては危険なのですね。

脂質異常症の原因は運動不足と食生活、と言われています。運動をしていない人で、動物性脂肪やコレステロールの多い食事を摂取している方、脂質や糖分の多い高カロリーな食事を摂取している方は、脂質異常症になりやすいので注意が必要なのです。自分で食事を食べすぎているなあ、飲酒の量が多いなあという方は控える努力を、また運動不足を解消するために体を動かすように心がけるなどして、食生活を改善することを自覚することが必要でしょう。

ページのトップへ▲

中性脂肪について
中性脂肪の基準値
中性脂肪高い原因
中性脂肪が高いとどうなる?
中性脂肪が低いとどうなる?
中性脂肪を正常値にもどす方法
中性脂肪サプリ
高コレステロール血症について
コレステロールについて
コレステロールと中性脂肪の関係
コレステロール下げる食事
コレステロール下げる食品
コレステロール高い食品